どんな職業が融資を受けやすいのか、または受けづらいのか。

「まだ学生だけどカードローンの契約はできるの?」
「正社員じゃないと融資は難しそう……」。

 

どんな職業が融資を受けやすいのか、または受けづらいのか。
これはカードローンを利用したいと考えている方にとって、最初の大きな問題ですよね。
金融機関に直接確認すれば済むことかもしれませんが、いざとなると、なかなか怖くてできないものです。

 

職業によってどんなローン商品を利用できるかは、各金融機関によって違いますが、ある程度の傾向はあります。
カードローンを検討している方は参考にしてみてください。

 

ローンを利用しやすいサラリーマン

 

サラリーマン まず、いわゆるサラリーマンの方は基本的にどんなローン商品も利用できます。これは、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト、どの雇用形態でも変わりはありません。

 

どんな形で勤務しているかよりも、重視されるのはむしろ勤務先や勤続年数の長さです。たとえ正社員でも、まだ勤続年数が短いと審査は厳しくなります。

 

この点は自営業も同様で、経営が安定していればどのローン商品も利用できます。収入が安定していることが、雇用形態に勝るというわけですね。

専業主婦 専業主婦の場合は、旦那さんが定収入を得ていることが前提になりますが、それでもあまり自由には選択できません。消費者金融はほとんど利用ができず、銀行の一部のローンが利用可能です。検討する場合ははじめから銀行系に絞るとよいでしょう。
学生 ローンを利用しやすいのはむしろ、専業主婦よりも学生の方です。主婦とは逆に、ほとんどの消費者金融のローンを利用することができますし、銀行も利用できるところが多いです。

ただ、学生の場合は親の収入はあまり問題にされません。あくまで本人がアルバイトなどでそれなりの収入を得ていないと、契約は難しくなります。
また、ほとんどのローンは20歳以上が対象ですから、そこも注意してください。

高齢者 意外にハードルが高いのが、年金で生活している高齢者の方です。

通常のローンはほぼ利用できるようですが、おまとめローンなど借入額が大きくなる商品は利用不可、となっていることが多いです。また、65〜70歳までという、年令上限が設けられています。
年金は比較的安定した収入なのですが、高齢者の場合は完済前に亡くなるリスクが生じてくるため、やや利用しづらくなっているのです。

 

金融機関は、社会的なステイタスなどではなく、あくまでも返済能力をシビアに分析して、利用できるかどうかを分類しているんですね。ドライですねえ……。